投稿日:

人に食べてもらう事で料理嫌いを克服できました

昔から料理が苦手で、社会人になってからも、基本的には外食を中心とした食生活を続けてきました。だけども、やっぱり自炊の方が何かとメリットがある事は重々理解している私。出費の面でも、健康面でも、将来的な事を考えてみても、自炊をすることには大きなメリットがあるのは目に見えています。だけども、自炊って思いのほか大変でしょ。食材を買ってきて、下ごしらえをし、味付けをチェックし、お皿に盛り、食べた後には食器を洗い・・、とまあ、ひとくちに自炊といってもやることは多岐にわたります。料理初心者の私の場合、段取りも悪いでしょうから、時間や体力もかなり浪費することでしょう。それを毎日しなければならないわけですからね。そりゃ大変だと思うのも無理はありません。

でもね、そんな私でも料理嫌いを克服できたんです!その方法というのがですね、ずばり「人のために料理を作る」という事です。いやね、思い返してみると、今まで私が実践してきた自炊っていうのは、基本的には自分が食べるためだったんですよね。だからこそ、やりがいが感じられませんでしたし、手抜きもやっちゃってたんですよね。でも、人に食べてもらうからには、それなりのモノを出さなければなりません。よって、料理に身が入るわけなんですねえ。で、食べてもらった後に「美味しかったよ」と声をかけてもらうと・・。これが何よりのモチベーションとなり、次はもっとおいしいものを食べてもらおうという気持ちがどんどん湧き上がってくるのです。とまあこのように、料理嫌いを克服するための一番の近道は、「人に食べてもらう」ことだと思っているので、自炊が苦手な方はそこから始めてみてはいかがでしょうか。